HOME > 熱衝撃試験装置 > 液層式熱衝撃試験装置

製品紹介

真空乾燥機

ソーラーパネル、太陽電池用耐湿試験槽

熱衝撃試験装置

減圧高度試験装置

小型環境試験装置

真空乾燥機

ペーパーレスレコーダー

半導体試験装置

液晶/PDP試験装置

製品紹介

液層式熱衝撃試験装置

ソーラーパネルガラス基板、半導体(チップ部品、PowerMOSFET等)、プリント基板や自動車部品等の耐久試験に使用され開発期間、試験時間の短縮に貢献しています。
液層式熱衝撃試験装置
製品の主な特徴
  • 試験中テストエリアを完全隔離することで液の消費を大幅低減。
  • 2系統の冷却方式で試験条件により消費電力を削減。省エネに貢献します。
  • 試験終了後の高温液急冷回路を導入し液消費量軽減低減に貢献します。
  • 自動給液装置を標準装備、煩わしい液の補給から解放しメンテナンスフリー化を実現。
  • 低温槽に氷結防止回路を新設し1000サイクル以上の長時間の連続運転が可能。
  • 新設計の搬送システムにより自動車部品などの重量物のテストが可能(機種により最大20Kg)。
  • 搬送システムに観測窓を設け試験中のサンプルや液の状態がモニター可能。
  • JEDEC規格のトレーが使用できます。
  • 離れたところでモニターや操作ができる無線LANシステムをオプションで用意できます。
製品の標準仕様
機 種 液槽式熱衝撃試験装置
型式 LTS-100-A LTS-150-A/W LTS-300S-W LTS-1000-W
主な用途 MILスペック、EIAJ ソーラーパネル
太陽電池ガラス基板
PCボード
JASO自動車部品
高温試験温度範囲 +50℃ 〜 150℃ +50℃ 〜 +150℃
低温試験温度範囲 -65℃ 〜 +25℃ -65(-55)℃ 〜 +25℃
高温さらし温度/時間 +150℃/5分
低温さらし温度/時間 -65℃/5分
復帰時間 2分
測温位置 試料ラック側面
試料 IC 1.0Kg IC 1.5Kg IC 10.0Kg IC 6.0Kg
試料ラック寸法 W150×H150
×D250
W220×H220
×D250
W200×H300
×D400
W350×H260
×D350
本体外寸法 W1000×H1650
×D1000
W1420×H1870
×D1400
W1420×H1950
×D1750
W1750×H1900
×D1800
初期液量 58LIT 95LIT 180LIT 200LIT
最大電量 7.8KVA 13.2KVA 26KVA 32KVA

液の消費を低減させた駆動

※画像をクリックしていただくと拡大画像をご覧いただけます。

新タイプ sp 新タイプ
sp sp sp
新タイプ sp 旧タイプ
sp sp sp
新タイプ sp 旧タイプ
sp sp sp

IC 2.0kg 試験データ(LTS-200-W)

IC 2.0kg 試験データ(LTS-200-W) ※画像をクリックしていただくと拡大画像をご覧いただけます。